美容皮膚科に通っちゃおう【ワンランク上のフェイシャルケア】

美肌の専門家

看護師

エビデンスのある治療

美容整形外科の中でも美容皮膚科と呼ばれる診療科では、アンチエイジングやスキンケアに重点を置いた治療を行っています。具体的にはニキビ治療やケミカルピーリングをはじめ、ほくろ・あざの除去や全身脱毛など、各種レーザー療法が美容皮膚科の施術内容に含まれます。スキンケアや脱毛処理などはエステサロンでも受けることができ、1回あたりの費用もエステのほうが安いのが普通です。しかし美容皮膚科では医学的な根拠に基づいて、医師免許を持つ者だけに許可された治療を行っているのが特徴です。たとえばエステサロンの光脱毛は出力が弱いので、完成するまでに回数がかかり、トータルでは費用が高額になる上に、毛根を完全に破壊することはできません。美容皮膚科のレーザー脱毛なら高出力で毛根を破壊するため、エステよりも短い期間で半永久的な効果を実感できます。そのぶん肌へのダメージも大きくなりますが、皮膚の専門家であるドクターが施術を管理し、万全のアフターケアを提供しているため、万が一トラブルが発生しても速やかに対処することが可能です。美容皮膚科ではトレチノインやハイドロキノンといった強い美白効果のある薬剤を使うこともでき、幅広い年齢層の女性に利用されています。シミやシワなどはコンプレックスの原因になり、場合によっては生活の質を大きく低下させますが、病気ではないので一般の皮膚科では治療の対象になっていません。このようなとき、従来は民間療法に頼るかエステに通うぐらいしか方法がありませんでした。美容皮膚科は医学的な観点から美肌に着目し、エビデンスのある治療を行うことが目的です。そのため美容皮膚科のドクターには深い専門知識だけでなく、審美的なセンスも求められます。たとえばヒアルロン酸は注入する分量や部位によって、見た目の印象が大きく変わる可能性があります。またボトックスも副作用を防ぐため、注射する場所や量に微妙な加減が必要です。レーザー治療をはじめ美容皮膚科の各施術には、それぞれに専門医や認定医の制度が設けられており、特定の研修を受け経験を積んだドクターだけが取得できるようになっています。クリニックを選ぶときは、こうした資格を参考にするのもひとつの方法です。またほとんどの施術が自由診療となることから、料金はクリニックによってまちまちです。使用している機器や薬剤も違えば、人件費や広告宣伝費も異なるので、単に高額だから良いとも言えません。いろいろなクリニックで話を聞いて、自分に合ったところを探してみましょう。

Top